プロフィール

ぼくの人生は悲惨なものでした。

幼稚園になったころに父の不倫がきっかけで両親は離婚。

母は1人で3つパートを掛け持ちしてぼくを育ててくれました。

ところが高校に上がる前に母は自転車で帰宅途中にダンプカーにはねられて交通事故で即死。

しばらく母の故郷である神戸の祖父母の家で暮らしていましたが、
阪神淡路大震災により祖父母も死去。

こうしてぼくは記憶にない父を除いて天涯孤独になり、
ぼくを育ててくれた母や祖父母がもどってこない悲しみと、
自分がなにもできなかった悔しさを心に持ち続けるようになりました。

「もっと自分に力があれば、祖父母を助けることができたかもしれない。」

と思い、当時避難活動にあたっていた自衛官を見て高校卒業後、自衛官候補生になりました。

3ヶ月の訓練の後、陸上自衛官になることができましたが、自分の体力面や運動能力の低さにびっくりし、
食べるものやヒトの体の能力について徹底的に本を読み漁り、自分で実践しながら鍛えていきました。

その結果もあり、同期には負けないぐらいの腕力と運動能力を作ることができました。

その後、3年で自衛官を除隊し民間の社会人として働こうと思った時、
運動や健康に関係した仕事をしたいと思い、資格をとる勉強をしていました。

ある時、インターネットで健康関係の調べ物をしていたとき、

「〇〇を食べれば痩せる。」
「油は太る。」
「回転寿司は代用魚のオンパレードだ。」
「肉や魚は太る。」
「〇〇に隠さた8つの効能。」

ということが書かれたサイトがあまりにも多いことに気づきました。

一見するとそうなのか?と思ってしまう内容もあるのですが、
よく調べていくと適当なことが書かれているものが多く、
年々そういった情報が増えていくような感じでした。

昨今、健康志向が高まっている現在の世の中、
そんな情報はウソだということは明確だと思っていたのですが、
自分の妻とそのことについて話すと、

「え?肉や魚も食べれば太るんじゃないの!?」

という答えが返ってきました。

最近いろんな健康食事方法があり、不幸にも選んだ食事方法が悪かったためか、
病気になったり死んでしまう方も多いのだとか。

例えばアップルコンピューターでお馴染みのスティーヴンジョブスさんは、
フルートリアン(果物とナッツしか食べない人)でした。

ところが膵臓がんで亡くなっています。

果物を食べ過ぎると膵臓がんになるという話は、
まだまだ科学的には分かっていない部分が多いものの、
現在はやはり果物も食べ過ぎると危ないのでは?という話に落ち着いています。

また日本の芸能人ですと、さかなクンが魚の食べ過ぎで尿管結石を患い、
勝俣さんが若い頃に納豆だけを食べ続けていたらお腹が膨張してえらいことになったのだとか。

このサイトの目的は?

このサイトはありもしない痩せる方法だったり、架空の健康情報サイトではありません。

海外の噂や間違った健康方法やりすぎたらどうなるのかを、
ひたすらまとめたものになっています。

なんでこんなサイトを作ったのかというと、
現在の健康サイトや医師のサイトをいくつか拝見させてもらったところ、
他人の文章を真似て書いたもの、科学的根拠がない都市伝説をもっともらしく語っているサイト、
実際、自分で試してもいないのに本に書いてあるような情報をつづったサイトであったりと、
内容が稚拙なものが多かったからです。

もちろん中には立派なサイトもありますが、一握りしかありません。

そこでインターネットを通し、本や海外のサイトを読みながら、
本当の健康、理想的な体作りや病気にならない強い体の作り方などをふまえて、
「実際にやってみたらこうなりますよ。」というのがこのサイトであります。

一番いい食事方法とは?

当サイトでは情報サイトでは、これが理想な食事方法というような答えはありません。

というのも、ヒトそれぞれ基礎代謝が違いますし、
ヒトにもよりますが、太ってしまったり、激ヤセしてしまうことがあるからです。

ぼくは現在、パレオ食と和食をかけ合わせたような、
野菜を中心に動物性たんぱく質は少量で卵と魚を口にしています。

ただ太り過ぎる体質であるがゆえに、家で食べる食事は炭水化物を抜きにして、
体脂肪率を15%前後をキープしています。

健康にめざめたころの14歳はとにかく肉をたくさん食べていましたが、
肉を食べ過ぎたから筋肉がつくということは無かったので、
今はまったくやっていません。

鍛えるということは筋肉を傷つける行為であり、
休ませることで修復されて初めて筋肉になります。

むしろこちらのほうが重要なんですね。

まだ筋トレはじめて間もないのに1日に100回腕立てや200回腹筋する行為は、
意味がないということは言わなくてもご存知ではないのでしょうか。

傷つけて修復するというサイクルを何日も何ヶ月も行うことで、
はじめてムキムキになれるのですが、このときに必要以上にたんぱく質やプロテインを摂取しても意味がありません。

じつはたんぱく質も1日に吸収できる量が30~50g程度しかありませんので、
少しづつ続けていってこそ意味があるんですね。

ヴィーガン(絶対菜食主義者)でもムキムキな方はたくさんいますし、
やれるのであればそれでも良いのですが、過去に2度も病気でヴィーガンを挫折しており、
現在はパレオ食が自分の食事メニューになっています。

しかし動物性たんぱく質は卵やシシャモ、メザシ、刺し身というもので、
1日に食べる量は100gもいっていません。

またパレオ食はとにかく肉を食べようとしているようなイメージがありますが、
オメガ3を強化していかなければいけないので必然的に肉よりも魚を選ぶようになります。

これが良いのかどうかは分かりませんが、
この文を書く前に撮影した写真がこのサイトのプロフィール画像になります。(現在40歳)

もちろんプロテインは使っていません。

すべて食事と筋トレだけです。

また、信じてくれるかどうかはわかりませんが、
30歳以降、インフルエンザも風邪もありません。

このサイトでは、食材の一つ一つがどんな効果があり、
食べ過ぎた場合と欠食したらどうなるかをまとめています。

そのため、あなたの現在やっている食生活をどうやって修正していけばいいのかがわかるようになっています。

たとえば、毎朝リンゴを食べるのであれば、
リンゴの効能うんぬんもありますが、食べ過ぎたらどうなるかということがわかるようになっています。

食事方法は1つではありませんが、ご自身の体質に合わせながら改善することで、
さらに効果が倍増するのかと思っています。

そういう意味もこめて、あなたがもしこのサイトを通して健康になれるのであれば、
これ以上にうれしいことはありません。

出来る限りわかりやすくまとめたつもりですので、
ごゆっくりとおくつろぎくださいね。

新作 健