トリグリセリドが高値なったら?

トリグリセリドが高値になると、
糖尿病、動脈硬化、膵臓炎、脂肪肝などの症状が発症することが考えられます。

とりあえず医師から何かしらの薬が処方されることがあるかと思いますが、
食事で改善する方法とかけあわせることで改善が早くなります。

とくに炭水化物は極力減らしてくださいね。

砂糖などを含んだ食事も極力やめることも重要です。

また、お茶や納豆にはビタミンKが含まれていますので、
極度に血液の動きが鈍い場合は食べない方がいいかもしれません。

やはりネギやタマネギで調整した方がいいでしょう。

糖分は体に必要なものですが、糖分を含んだ食べ物を食べ過ぎた結果、
トリグリセリドが高値になり二型糖尿病になりますので、
とにかく基準値になるまで糖分を避けることが大切です。

また、とりあえずトリグリセリドを下げたい場合は、
イワシなどの青魚に含まれているEPAをしっかりとると改善することがあります。

というのも医師から処方される「イサコベント酸エチル」系の薬は、
高純度のEPAが含まれており凝固して動きが鈍くなった血液を改善させる効果があるからです。

ただEPAは体に必要な不飽和脂肪酸なのですが、劣化しやすいという欠点があります。

劣化したEPAは過酸化脂質と言われガンを誘発すると言われており、
たとえ医薬品でも長期保管した場合は低品質のサプリと同等、
それ以下の効果しかないということもあるのだとか。

「イサコベント酸エチル」系のエパデールなどは一般的に販売されてはいませんが、
成分はEPAであり効果はほぼかわらないものを選ぶならこれがおすすめです。

→【厚生労働省推奨】高純度のEPA、DHAカプセルはコチラ

こちらはサプリメントですが、大正製薬と同じくらい有名な製薬会社であり、
高純度のEPAとDHAを保有していながらも長期保管も可能としていますね。

2017年3月6日 トリグリセリドが高値なったら? はコメントを受け付けていません。 脂肪Q&A