脂肪を筋肉にする方法とは?

もし脂肪を筋肉にする方法があるとするのならば、
薬やサプリメントといったものを想像します。

というのも脂肪は糖質の量によって成り立っているものですし、
筋肉はたんぱく質と筋トレで成り立つものだからです。
(たんぱく質だけ食べても筋肉にはなりません。)

つまり2つとも似ているようで作られる仕組みはぜんぜん違うんですね。

もし何十年かしたら脂肪を筋肉にする方法がうまれるのかもしれませんが、
いまのところそれはないようです。

それで筋肉を増やす、脂肪を減らすということになるのですが、
以外と知られていませんが、
筋肉量を増やすと脂肪も減っていくという効果があるんです。

その理由は、糖分が体内に入るとグルコースという成分にかわりますが、
グルコースは筋肉量によって変換されるので当然筋肉が多ければ多いほど
グルコースが多くなり糖分を摂取しても脂肪がつきにくくなるんですね。

問題はグルコースになれなかった糖分で、
この糖分は脂肪に変換されてしまいます。

また糖質制限しても同じことで脂肪が筋肉ために使われたり、
脳の栄養となるブドウ糖として使われたりと、
いろんな使われ方があるんですね。

つまり糖質制限しながら運動量をあげると脂肪燃焼、
筋トレをしているのであればさらに効果があがるというわけです。

脂肪が筋肉にかわることはありませんが、
筋肉が増えることで脂肪が減ってつきにくくなるんですね。

2017年3月9日 脂肪を筋肉にする方法とは? はコメントを受け付けていません。 脂肪Q&A