腹筋で脂肪を減らす方法は?

まず腹筋はお腹に筋肉をつける行為です。

お腹の脂肪は減りません。

ただやらないよりはやった方がぜんぜんいいでしょうね。

ちなみに効果的な腹筋のやり方は、
休みながら1日のノルマを達成すると効果的です。

たとえば、1日100回やるのなら、25回づつ小分けにして、
朝と昼25回づつ、夜に風呂入る前と寝る前に25回づつ。

この4回の腹筋をそれぞれ別のやり方で行ってやると非常に効果的なんですね。

前のお腹部分はしっかりできても両サイドができないために、
そこだけはたるんでしまうことがあります。

両サイドの腹筋はマシンを使うのが効果的ですが、
マシンがなくても足をクロスしてゆっくり行うという方法もあります。
(俗にサイドクランチとよばれています。)

さらに効果的な腹筋をするにはやはり食事が関係してきますね。

これは男性も女性も同じことがいえるのですが、
生き物はお腹に脂肪がたまりやすい性質をしています。

養殖魚や家畜を見てもおわかりいただけるように、
穀物系のエサを食べればお腹にしっかり脂肪を蓄えて美味しい肉や魚になるのもそういう理由があるからなんですね。

つまり穀物系の食べ物、パンやご飯といった炭水化物を抜くと、
ドンドンお腹が引っ込み、さらに腹筋を重ねることでダブルの効果で
理想的なお腹になるというわけです。

ちなみに糖質を完全に抜くとたしかに痩せれますが、
体脂肪率が一桁代になるぐらい極端にやりすぎると、
不眠症や頭痛やイライラ感などが発症することがあります。

そもそも生き物は脂肪は必要なものなので、
やり過ぎは病気を招くことがありますから気をつけてくださいね。

2017年3月14日 腹筋で脂肪を減らす方法は? はコメントを受け付けていません。 脂肪Q&A