脂肪を燃焼するスープのレシピとは?

脂肪を燃焼するために唐辛子を使ったレシピが多いような気がしますが、
唐辛子よりももっと効率よく脂肪を減らすレシピがあります。

唐辛子だけでは脂肪燃焼効果は期待できない?

意外かもしれませんが唐辛子がヒトの食べ物として認識された歴史は浅く、
もともと「毒物」だと思われていました。

医学的にも体の細胞を傷つけて、「痛み」を発生させることにより辛味として認識されるのだとか。

日本のどこだったか忘れましたが、唐辛子を蒸気にしたサウナがあり、
そこのサウナは体がヒリヒリするような痛みが生じると言われています。

またインドカレー専門店でも、

『極度な辛味は下痢や腹痛を引き起こすこともございますので注意してください。』

と小さく記載している店舗もあるため、
唐辛子の取り過ぎは注意したほうが良いかもしれませんね。

そんな唐辛子をたくさん食べて痩せたヒトがどれくらいいるのかがわかりませんが、
ヒトの体の脂肪は糖分の摂取量によって成り立っているので、
糖分の摂取量を減らせば当然やせることができるということなんですね。

問題は糖分を減らすとスープの旨味成分がへるのかもしれませんが、
タマネギやエノキのような旨味成分を保有する食材をうまく使えば、
美味しく痩せれるスープができるのかもしれません。

また糖質も炭水化物や果物やお菓子類などの糖分を定期的に摂取していると、
糖新生の状態になれず、より一層体内に脂肪を溜め込むようになります。

脂肪を燃焼させるためには脳にエネルギーが送れない、
体内でエネルギーを作り出す「糖新生」こともできません。

ただ糖新生になると脂肪と筋肉の両方を削ぎ落とすようになります。

「脂肪はともかく、なんで筋肉が!?」

と思うのも仕方化がないのかもしれませんが、
脂肪を減らすためにはアミノ酸が必要であり、
体の筋肉を分解することでアミノ酸が作られるようになります。

糖質制限するとガリガリになるヒトがいるのはそのためで、
極度な糖質制限は危険だと警告してる専門家が多いのもそういうことなんですね。

それでどんな食べ物であっても痩せたいのであれば、
糖質制限は当たり前のことであり、
筋肉を減らさないためにタンパク質が必要になってくるということなんですね。

痩せるスープというと野菜がメインのスープを想像するのかと思うかもしれませんが、
脂質や肉や魚が多いことで極度に痩せすぎないようにストップをかけることも重要なんです。

またスープの基本は塩、胡椒、ダシぐらいでとどめておいた方がいいかもしれません。

1番気をつけたほうがいいのが瓶詰めソースで中華だしのスープの素のような物が危ないですね。

2017年3月19日 脂肪を燃焼するスープのレシピとは? はコメントを受け付けていません。 脂肪Q&A