筋肉と脂肪の関係とは?

筋肉と脂肪をコントロールするためには食事と運動に密接な関係があります。

脂肪は飢餓状態に陥ったときにはじめて使われる燃料のようなもので、
なにも食べないような状態が続かないかぎり減ることはありません。

昔は脂質を取りすぎると太ると考えられていましたが、
むしろ原因は糖質にあり、糖分の摂取量の多さによって、
たいていのヒトは肥満になるのかどうかが決定されるようになっています。

事実、2型糖尿病と診断されて糖質制限食(ローカーボ食ともいう)をしている方が面白いように痩せたり、
最近炭水化物を食べないヒトが多いのもそういうことで、
逆に「マヨネーズでは太らない」という話もありますね。
(ただし、糖分が入っていないものに限ります。)

とはいうものの、糖分をまったく摂取せずにいると、
筋肉を動かすためのグリコーゲンが足らなくなり運動が持続的に行えないことや、
無茶な糖質制限でモヤシみたいに痩せ細ってしまったりすることがあります。

脂肪の原因は糖分であることはたしかなのですが、
やりすぎも体に悪いということなんですね。

つぎに筋肉ですが、筋肉をつけるためにやたらとプロテインを摂取する方がいます。

悪い例として、主婦が運動をまったくしないのにプロテインの取り過ぎで太ってしまったということもあります。

プロテインはタンパク質なので、タンパク質だけでは太ることはないものの、
プロテインに牛乳と砂糖を混ぜたのが原因みたいですね。

では糖分が無いプロテインに水だけ混ぜるのなら太る心配は無いんですが、
運動をしなければ筋肉がつくことはありません。

筋肉は、筋トレして傷つきその修復材料としてタンパク質が必要になります。

問題は筋トレをしなかった場合は外に出されてしまうんですね。

つまりプロテインを摂取するのに
運動前なのか、運動中なのか、もしくは後がいいのかという話は、
ヒトによりタンパク質の摂取するタイミングが筋肉の増量に左右されるということなんです。

どちらにしても筋肉をつけるのであれば筋トレとタンパク質が重要ということなんですね。

筋肉は減りやすい?

重要なことなんですが、脂肪を減らすために糖質制限は当たり前なのですが、
脂肪をブドウ糖やグリコーゲンに変換して体のエネルギーとして使う時に、
アミノ酸が必要になります。

アミノ酸はタンパク質が分解されてできた成分なので、
タンパク質の摂取量が不足すると体の筋肉を分解してアミノ酸を作ってしまうことがあります。

運動をしない女性が痩せているのに体脂肪率が著しく高いのも、
筋肉と脂肪が2つ同時に減っているからなんですね。

パレオダイエットで痩せるけど体脂肪率に変化が起きないという話も
おわかりいただけるかと思いますがいかがでしょうか?

タンパク質は重要です。

運動も重要です。

食事だけでダイエットをしようとすると間違いなく失敗します。

これは太っているかただけでなく、痩せ過ぎて困っているヒトも同じことです。

要は運動がどれくらい重要なのかがはやく気づくことが大切なんです。

2017年3月21日 筋肉と脂肪の関係とは? はコメントを受け付けていません。 脂肪Q&A