皮下脂肪の落とし方は?

内臓脂肪は糖質制限だけで落ちやすいですが、
皮下脂肪になるとぜんぜん落ちません。

皮下脂肪は内蔵の近くにないので減らすにはやはり苦労しますが、
内臓脂肪も皮下脂肪も同じ脂肪なのであきらめずに糖質制限をやり続ければいずれ落ちていきます。

糖質制限中に食べて良い物は?

糖質制限中にまず食べてはいけないものは以下のものになります。

パン、各種麺類(うどん、ラーメン、パスタ、そば、春雨など)、トウモロコシ、
米、イモ類
(フライドポテトは最悪)、ケーキ、お菓子類、穀物系のフレーク、
ドライフルーツなど。

つぎに厳密いうとダメですが少量ならばOKは以下の通り。
上記の食品も含みますので見比べてくださいね。

(1日に小鉢1杯程度の少量ならばOK。炊きたてで約70~80g程度。)
さつまいも、じゃがいも(ゆでるか蒸すだけにすること。冷やすと糖が吸収されにくくなる。)
果物(酸味がつよく甘みが少ない果物がいちばんいい。つまり安い果物が太りにくい。)

最後に食べていいものです。

肉、魚、卵、チーズ、野菜類(一部、ニンジンが太るとも言われていますが太りません。葉物野菜中心が良いですね。)、
豆腐、納豆、ナッツ類など。

忘れてはいけないのが使ってもいい調味料です。

塩、こしょう、味噌、しょうゆ、マヨネーズ(糖分がないものを選んでください。)、
ハーブ各種、唐辛子、しょうが、わさび、薬味全般、
カレー粉(カレールーは小麦粉を含んでいるのでアウト。)
油はたくさんつかっても良い。(ただし、米油やオリーブオイル、ココナッツオイル、亜麻仁油など質の高い油がいい。)

また、痩せたいためにカプサイシンを大量に摂取するヒトがいますが、
あれはやらない方がいいでしょうね。

たしかにトウガラシには脂肪燃焼効果がありますが、それは糖質制限に比べると微々たるものです。

実際にカレーやキムチを食べて痩せたかどうか想像してみてくださいね。

また、トウガラシを食べ過ぎると胃腸にダメージを与えて下痢を起こしやすくなるので、
やはり食事は糖質制限とタンパク質過多を心がけた方が無難でしょう。

運動はどうしたら良いのか?

糖質制限をやると、たしかに痩せることができますが、脂肪を燃焼させるためにはアミノ酸が必要になります。

あるていどタンパク質を摂取していないと、体の筋肉を削ぎ落としアミノ酸に変えてしまうので、
筋トレをしっかりやらないと、

「痩せましたが、体脂肪率が変わっていません!」

ということになります。

そうならないためにも筋トレは重要になります。

痩せる王道のスポーツとしてジョギングなどの有酸素運動が候補に上がりますが、
ヒトによりガッツリ筋トレやったら体脂肪率が落ちたという話もあります。

いろんな意味を総合しても筋トレだけは外せない運動なので、
まずは筋トレ、余裕があれば有酸素運動に取り組むのがベターだと言えるでしょう。

とにかく皮下脂肪を落とすには長期戦です。

半年~1年続けることであり、昔の生活習慣とはサヨナラする気持ちで挑んでくださいね。

2017年5月1日 皮下脂肪の落とし方は? はコメントを受け付けていません。 脂肪Q&A