体脂肪を減らす方法は?

体脂肪を減らすには、食事、運動、睡眠の質を上げることです。

まず脂肪ができる原因は糖質にありますので、
糖分を極力抜いた食事をこころがけてくださいね。

糖質を抜くとヒトの体は「糖新生」という肝臓が脂肪を燃焼する痩せモードに変化します。

ところがこの糖新生には少しクセがありまして、
脂肪を燃焼するにはアミノ酸が必要になるということなんですね。

アミノ酸はタンパク質を極小に分解してできたものであり、
食品から作られるほか、体内の筋肉を分解してつくることもできます。

つまり糖新生のときに食品からタンパク質をしっかり摂取していないと、
脂肪だけではなく筋肉も落ちてしまうので注意してくださいね。

また、タンパク質もただ食べれば良いのかということはなく、
1食に20~30g程度しか吸収できません。

いきなり大盛りステーキを食べるよりもコマメに豆乳やプロテインなどで補ってやると、
筋肉を落とさずに脂肪だけ燃焼させることができるということです。

ちなみに実際に必要とされているタンパク質の量は、
体重の「X」1.2~2倍の「÷」1000ぐらいが理想とされていますので、
70kgの成人男性なら84g~140gが必要というわけです。

たとえば、朝食に卵焼き豆腐、昼に魚や納豆、夜に肉を食べるとすると、
どこかでプロテインや大豆食品を食べるのが良いでしょう。

つぎに運動ですが、おすすめは筋トレが良いですね。

たしかに脂肪だけを燃やすのなら有酸素運動が良いですが、
筋肉をしっかりつけて、糖新生で筋肉が減らないようにしておきたいものです。

筋肉は鍛えた部位がしっかりつく仕組みなので、
筋肉をつけたい場所、もしくは引き締めたい場所があるならガンガン攻めてやれば簡単にできます。

問題は休ませないと筋肉はできないので、マシンでガンガン鍛えたら次の日は休んだりしながら調節してくださいね。

ちなみに糖新生になると最初にお腹の内蔵脂肪から燃焼されるので、
たいていの男性ならすぐにやせることができます。

期間としては1ヶ月程度で効果が表れますが、
それでもお腹に変化が無かった場合は皮下脂肪の可能性が高いので、
腹筋でしめたり有酸素運動で燃やす必要があります。

最後に睡眠の質を上げることです。

ダイエットで1番見落としやすいのが睡眠です。

運動も大切ですが、基礎代謝の質を上げた方が明らかに脂肪燃焼が早いというわけです。

不摂生な生活をしているヒトほど脂肪が多いので、
いかにして睡眠時間を増やすのかも大切なんですね。

食事、運動、睡眠。

この3つの質を上げれば痩せることは簡単なので、
是非やってみてくださいね。

ちなみに、食事で脂肪を落とす方法が1番簡単なので、
はじめに食事にとりくみ、つぎに運動、
最後に睡眠の質を上げることを心がけてやれば急速に痩せることができるでしょう。

2017年5月1日 体脂肪を減らす方法は? はコメントを受け付けていません。 脂肪Q&A