Latest Posts

皮下脂肪と内臓脂肪は脂肪のつき方が違います。 ある程度脂肪がついてしまうと、 リンゴ型肥満(内臓脂肪が多い)、洋ナシ型肥満(皮下脂肪が多い)に別れます。 一般的に男性は内臓脂肪がつきやすく、女性は皮下脂肪がつきやすいという特徴があるため、 どうしても太るとはいえ体型がぜんぜん変わってくるんですね。 ...

READ MORE +

女性は皮下脂肪ができやすく男性は内臓脂肪ができやすいため、 どうしても痩せようとすると差がでてきます。 とくに糖質制限で痩せようとした場合、内臓脂肪が多い男性はすぐに効果があるものの、 女性の場合は皮下脂肪がほとんどなのでなかなか脂肪が落ちません。 ...

READ MORE +

よく内臓脂肪が高く悩んでいる方が、 いきなりスポーツジムに通ったものの、 思った以上に脂肪が燃焼できずに挫折することがあります。 トレーニング機器のサイクリングマシンにしても1時間ぐらいみっちりこいでもおおよそ300kcalぐらい、 おにぎり2個ぶんぐらいしか燃焼できません。 ...

READ MORE +

ある程度脂肪がついてしまうと、 食事だけで落とすことが難しくなります。 それでも主食である糖質を取りすぎると脂肪が増えますので、 糖質制限は続けた方がいいでしょうね。 つぎに贅肉を落とすにはどうしたら?ということなのですが、 こちらに関してはひたすら筋トレしていくのがベストでしょう。 ...

READ MORE +

体脂肪だけ落とすためには、やはり運動が必要になりますね。 とくに有酸素運動が1番いいので積極的に取り入れていきましょう。 序盤は少し体重が減るものの、しばらくの間は体重が減らない時期(停滞期ともいいます。)が続き、 その後もしつこく運動をしているとはじめて脂肪が燃焼されていきます。 ...

READ MORE +

体脂肪率が30%を超えると隠れ肥満だと言われていますね。 一見するとどんなに普通に見えても、 じつは筋肉が落ちており脂肪細胞が多いのが隠れ肥満の典型的な形になります。 ヒトにもよりますが食事だけでダイエットする方は非常に多く、 じつは筋肉が落ちて脂肪が増えていることに気づかないこともあります。 ...

READ MORE +

糖質制限は痩せるダイエットの王道であり、 食事だけでやせるのならカロリーは一切気にしなくても大丈夫です。 たとえば焼肉、トンカツ、唐揚げ、チーズなど、 一見すると太るメニューに思えますが、 じつはこれらすべて食べたとしても太ることはないんですね。 ...

READ MORE +

皮下脂肪でも内臓脂肪でも糖質制限は必須になります。 ヒトの体は部分やせはできないものの鍛えた場所に筋肉をつけることができますので、 ヒトの体の仕組みを理解しながら実践していけば皮下脂肪を落とすことも出来るということですね。 ヒトの体は部分痩せはできない? ...

READ MORE +

内臓脂肪は糖質制限だけで落ちやすいですが、 皮下脂肪になるとぜんぜん落ちません。 皮下脂肪は内蔵の近くにないので減らすにはやはり苦労しますが、 内臓脂肪も皮下脂肪も同じ脂肪なのであきらめずに糖質制限をやり続ければいずれ落ちていきます。 糖質制限中に食べて良い物は? ...

READ MORE +

腹筋してもお腹周りの脂肪が落ちなくて悩んでいませんか? お腹の脂肪を減らすには腹筋以外にも糖質制限が関係していますので、 お菓子や炭水化物が多いなら減らした方が効率がいいでしょうね。 そもそもなんでお腹に脂肪がつきやすいのか? なんでお腹周りの脂肪を落とすために糖質制限が必要なのか? ...

READ MORE +