Latest Posts

肝臓に脂肪がつく理由は、 肝臓が脂肪をエネルギーとして使われることがあげられます。 脂肪は飢餓にそなえて蓄えられる保存食みたいなものですが、 その代謝を行うのが肝臓なんですね。 体中のあちこちに脂肪を置いておくよりも、 つねに手元に置いておいて万が一の時でも ...

READ MORE +

ぜい肉は中性脂肪のかたまり、つまり皮下脂肪ということですね。 基本的に脂肪と筋肉ができる仕組みは違うので、 脂肪が筋肉になることはありえませんが、 脂肪を落として筋肉をつける方法は存在します。 また、ある程度筋肉があると、 外部から入ってきた糖分をエネルギーとして使ってしまうため、 ...

READ MORE +

皮下脂肪も内臓脂肪も炭水化物の摂取量によって増減します。 一度ついてしまうと落としにくいので、 運動をしないとまず落ちることはありません。 また、運動をしているのに皮下脂肪が落ちない場合は以下の項目を確認してみてくださいね。 ・主食となる炭水化物を食べているのか? ...

READ MORE +

もし脂肪を筋肉にする方法があるとするのならば、 薬やサプリメントといったものを想像します。 というのも脂肪は糖質の量によって成り立っているものですし、 筋肉はたんぱく質と筋トレで成り立つものだからです。 (たんぱく質だけ食べても筋肉にはなりません。) ...

READ MORE +

お腹に脂肪がつきやすい理由はいろんな臓器が集まっているからです。 脂肪ははじめに中性脂肪として血液や細胞に入り込み、 速攻で使われるガソリンのようなものとして使われます。 ところが中性脂肪に余りがでてくると内臓脂肪になります。 その内臓脂肪がたまり皮下脂肪になるというわけです。 ...

READ MORE +

有酸素運動で皮下脂肪が落ちないと悩んでいる方がいらっしゃいますね。 個人的には無酸素運動をしっかりやった方が、 一時的に筋肉増加で体重が増えるものの、 締まった良い体になるかと思います。 しかしなんで有酸素運動で皮下脂肪がおちにくいのでしょうか? ...

READ MORE +

有酸素運動で脂肪を落とすという話を聞いたことがあるかと思いますが、 有酸素運動だけで痩せれたという話を耳にしたことがないのは僕だけなのでしょうか? やはり中途半端な有酸素運動よりも、 しっかりと無酸素運動をやれば体がしっかり締まりますし、 皮下脂肪も落ちるのかと思います。 ...

READ MORE +

脂肪は糖分の摂取量によって増えます。 糖分を止めれば体内の脂肪を使い脂肪を減らすことができますが、 基礎代謝量やアルコールの摂取量によって変わってきます。 まず基礎代謝が落ちると脂肪を減らすことが難しくなります。 年を重ねて炭水化物を止めても太ってしまうのはそういう理由があるからなんですね。 ...

READ MORE +

トリグリセリドが高値になると、 糖尿病、動脈硬化、膵臓炎、脂肪肝などの症状が発症することが考えられます。 とりあえず医師から何かしらの薬が処方されることがあるかと思いますが、 食事で改善する方法とかけあわせることで改善が早くなります。 とくに炭水化物は極力減らしてくださいね。 ...

READ MORE +

世の中に「脂肪が欲しい」と思っているヒトは少ないのかと思いますが、 脂肪は飢餓の状態に陥っても生きていけるための備蓄なので、 とにかく体は溜め込もうとします。 とくに女性の場合、男性と違い食が細いにも関わらず、 基礎代謝が低く脂肪がたまりやすい構造になっています。 ...

READ MORE +