肝臓に脂肪がつく理由は?

肝臓に脂肪がつく理由は、
肝臓が脂肪をエネルギーとして使われることがあげられます。

脂肪は飢餓にそなえて蓄えられる保存食みたいなものですが、
その代謝を行うのが肝臓なんですね。

体中のあちこちに脂肪を置いておくよりも、
つねに手元に置いておいて万が一の時でも
フルに使って生きていけるようにした進化の形態ということです。

この肝臓につく脂肪は内蔵脂肪と呼ばれており、
多すぎても少なすぎてもよくないと言われています。

とくに多すぎると、脂肪肝、肝硬変、肝臓がんにつながりますので、
お腹がでてきているなと思ったら減らした方がいいでしょうね。

しかし単純に減らそうと思って運動をしても長続きしないのが人間です。

そこでまずは炭水化物と糖分を抜いてみたらどうでしょうか?

最近、肉やチーズを食べても太らないという話は事実であり、
太る原因は脂質ではなく糖分ということがはっきりしています。

もちろん糖分も生きていくためには必要な栄養素ですが、
3食ともパンやごはん、麺類という主食があるメニューは、
動物のなかでは人間だけでしょうし、
普通に考えても糖分のとりすぎのような感じがしますがいかがでしょうか?

そう、太ってしまう原因は糖分が影響しているんですね。

また、アルコールを飲みすぎると、
肝臓についた脂肪が代謝できなくなるということがわかっています。

これは医学の世界では教科書にのるぐらい当たり前のことですが、

「アルコールはエンプティカロリーだ」

という言葉でまどわされている方が多いだけですので注意してくださいね。

本来脂肪は外部から糖分が入ってこないようになると、
飢餓状態になったとスイッチが入り脂肪をブドウ糖に変換して脳に送ったり、
筋肉を動かすエンジンとして使ってくれるものなんですが、
アルコールは体に毒なので、まずアルコールを代謝しようとします。

「休肝日は2日とる」

という話も理にかなっていることであり、
朝起きてアルコールが抜けていると思っていても、
肝臓にはまだアルコールが残っており脂肪の代謝は後回しになっているということです。

お酒好きで毎日晩酌するヒトほど「布袋さんのようなお腹」になってしまうのも、
肝臓が脂肪の代謝がうまくおこなえていないにも関わらず、
どんどんアルコールが入ってくるので大変なことになっているんですね。

ですので、内蔵脂肪が多くて困っているのであれば、
まずは糖分を抜く、そしてアルコールも抜くことを実践してみてくださいね。

贅肉を筋肉に変える方法は?

ぜい肉は中性脂肪のかたまり、つまり皮下脂肪ということですね。

基本的に脂肪と筋肉ができる仕組みは違うので、
脂肪が筋肉になることはありえませんが、
脂肪を落として筋肉をつける方法は存在します。

また、ある程度筋肉があると、
外部から入ってきた糖分をエネルギーとして使ってしまうため、
筋肉があるのと無いのとでは痩せやすさがぜんぜん違ってきます。

ヒトにより痩せやすい体を持っているヒトもいますが、
同じ量のご飯を食べているにも関わらず、
脂肪がつきにくくて困っている場合が多いので、
真似をしようとは思わないでくださいね。

つぎにアルコールも脂肪燃焼を阻害する材料になります。

アルコールが体内に入ると、
肝臓は脂肪よりもアルコールを代謝しようとするため、
しっかり糖質制限をしていても脂肪が落ちにくくなります。

めんどうなことに、アルコールを代謝するために糖分も必要になるため、
脂肪よりも外部から入ってくる糖分を得ようと脳が指令を出します。

飲み会のあとにラーメンが食べたくなるのもそういう理由があるからなんですね。

つまり外部から糖分を摂取しているにも関わらず、
さらに糖分を摂取しようとしていて、
なおかつ脂肪がどんどん蓄積されていけば、
見事なビール腹ができあがるというわけです。

糖分とアルコールを止めて、ひたすら筋トレをする。

これを半年ぐらい続けていくと脂肪を減らすことはもちろん、
筋肉もできあがり理想的な体型になっていくんですね。

皮下脂肪と炭水化物の関係とは?

皮下脂肪も内臓脂肪も炭水化物の摂取量によって増減します。

一度ついてしまうと落としにくいので、
運動をしないとまず落ちることはありません。

また、運動をしているのに皮下脂肪が落ちない場合は以下の項目を確認してみてくださいね。

  • ・主食となる炭水化物を食べているのか?
  • ・アルコールを摂取していないか?
  • ・運動はやっているのか?
  • ・お菓子を食べていないか?

まず脂肪ができる原因は糖質にあります。

如何にして糖質制限して外部から摂取する糖質を遮断するかが重要ですね。

こうすることで溜まった脂肪をブドウ糖に変換して脳に送ったり、
筋肉を動かすエネルギー源として使われます。

またアルコールが入ると、
肝臓がアルコールを代謝することを優先にしてしまうため、
脂肪燃焼が先送りにされてしまうので注意してくださいね。

運動は必須ではありませんが、やはり運動してナンボということはあります。

「じゃあ軽い有酸素で20分のウォーキングとかで。」

という方もいらっしゃいますが、
ある程度筋肉があると外部から入ってきた糖分が
エネルギー(グルコース)として速攻で無くなるということもあり、
軽い有酸素をやるよりも腹筋、腕立て、スクワットを30回づつやった方が脂肪燃焼が早くなるというわけです。

そういうわけでぼくは、筋トレを勧めますが必須ではありませんので、
ご自身の都合に合わせて運動をしてくださいね。

最後にお菓子ですね。

お菓子は砂糖を使ったもの、小麦を使ったものなど色んなものがあります。

お酒を飲むヒトは「ツマミ」がありますので、これもお菓子みたいなものなんですね。

こういったたぐいのものは食べないほうが痩せやすくなります。

とにかく糖質アルコール制限と運動をこころがけていけば、
皮下脂肪も自然と落ちていきます。

脂肪を筋肉にする方法とは?

もし脂肪を筋肉にする方法があるとするのならば、
薬やサプリメントといったものを想像します。

というのも脂肪は糖質の量によって成り立っているものですし、
筋肉はたんぱく質と筋トレで成り立つものだからです。
(たんぱく質だけ食べても筋肉にはなりません。)

つまり2つとも似ているようで作られる仕組みはぜんぜん違うんですね。

もし何十年かしたら脂肪を筋肉にする方法がうまれるのかもしれませんが、
いまのところそれはないようです。

それで筋肉を増やす、脂肪を減らすということになるのですが、
以外と知られていませんが、
筋肉量を増やすと脂肪も減っていくという効果があるんです。

その理由は、糖分が体内に入るとグルコースという成分にかわりますが、
グルコースは筋肉量によって変換されるので当然筋肉が多ければ多いほど
グルコースが多くなり糖分を摂取しても脂肪がつきにくくなるんですね。

問題はグルコースになれなかった糖分で、
この糖分は脂肪に変換されてしまいます。

また糖質制限しても同じことで脂肪が筋肉ために使われたり、
脳の栄養となるブドウ糖として使われたりと、
いろんな使われ方があるんですね。

つまり糖質制限しながら運動量をあげると脂肪燃焼、
筋トレをしているのであればさらに効果があがるというわけです。

脂肪が筋肉にかわることはありませんが、
筋肉が増えることで脂肪が減ってつきにくくなるんですね。

お腹に脂肪がつきやすい理由は?

お腹に脂肪がつきやすい理由はいろんな臓器が集まっているからです。

脂肪ははじめに中性脂肪として血液や細胞に入り込み、
速攻で使われるガソリンのようなものとして使われます。

ところが中性脂肪に余りがでてくると内臓脂肪になります。

その内臓脂肪がたまり皮下脂肪になるというわけです。

一般的に女性は皮下脂肪がたまりやすく男性は内臓脂肪がたまりやすい傾向がありますが、
基本的に内蔵は近くに脂肪を置いて万が一の飢餓にそなえてすぐに燃料が使えるようにストックするため、
お腹に脂肪がたまりやいんですね。

もちろん食品も、穀物のようなデンプン系で吸収されやすい炭水化物こそ、
内臓脂肪がたくさん増えて太りやすくなる傾向があります。

養殖魚や家畜に穀物が使われるのも安いだけではなく
太らせて出荷額を上げるためにやっていることなので、
お分かり頂けるのではないかと思います。

それで、まずお腹の脂肪をなんとかしたいと思うのであれば、
脂肪を使うことで痩せることができます。

つまり、穀物、イモ類、砂糖といった糖質全般をぬくことで、
はじめて脂肪が使われるようになるんですね。

とはいえ、

「糖質をカットしても皮下脂肪やぜい肉が落ちない。」

という方もいらっしゃいます。

これは基礎代謝が低下していること、
アルコールの飲み過ぎで脂肪燃焼が阻害されていることがあげられます。

この2つもやれば痩せないヒトでも脂肪は燃えやすくはなりますが、
糖質制限は痩せるダイエットの基本中の基本なので、
目標の体重になるまで続けてやっていきましょうね。

有酸素運動で皮下脂肪は落ちない?

有酸素運動で皮下脂肪が落ちないと悩んでいる方がいらっしゃいますね。

個人的には無酸素運動をしっかりやった方が、
一時的に筋肉増加で体重が増えるものの、
締まった良い体になるかと思います。

しかしなんで有酸素運動で皮下脂肪がおちにくいのでしょうか?

皮下脂肪が落ちないのは糖分の摂取量が関係しているため

最近、テレビでも脂肪の原因は穀物や砂糖などの糖分が関係していると話題になっています。

事実、昔からローカーボダイエットという糖質制限食事療法、
最近はパレオダイエットを実践したら痩せたという話があります。

太るのは肉や卵、チーズではなく糖分だけという話が明確になったので、
実践されている方も多いのかと思います。

そのため、有酸素運動をしっかりやっているにも関わらず、
脂肪が落ちないのは主食であるパンやご飯が多すぎるということなんですね。

そもそも主食という概念は自然界には存在しませんし、
穀物をたくさんたべて生きているのは人間ぐらいでしょうね。

もちろん、痩せ過ぎて困っているヒトもいらっしゃいますので、
炭水化物そのものまでは否定しませんが、
年齢とともに基礎代謝が低下したり、もともと糖分を吸収しやすい体質なのであれば、
当然皮下脂肪も増えていくということなんですね。

まず口から入れる糖分は一切止めてそれから有酸素運動をやった方が効果的でしょう。

脂肪が落ちないのは運動量がぜんぜん足りないから

よくマラソン選手が体脂肪率が低く、引き締まったキレイな体になっていますが、
かれらの運動量は1日40~80kmととてつもない量を走っています。

月に換算すると1300~1500kmとなるため、
そんな運動量であれば当然痩せますよね。

一般のサラリーマンでマラソン好きな方でも1日15~20km程度、
月に換算して500~600kmを朝起きてやっています。

彼らもマラソン選手より運動量が少ないとはいえ、
運動をやっていないヒトにしてみたら多すぎるのではないかと思います。

つまり、

「健康のために1日20分程度の有酸素ウォーキングをしよう!」

というようなメニューは脂肪燃焼はおろか、時間の無駄でしかないんですね。

むしろ筋トレの方が脂肪燃焼ができる。

1日20分のウォーキングをするぐらいなら、
腕立て、腹筋、スクワットを30回づつやった方が脂肪燃焼効果が期待できます。

というのも、炭水化物(糖質)が体内に入ると最初に筋肉量に応じてグリコーゲンという物質に変化します。

グリコーゲンは筋肉を動かすためのガソリンのようなもので、
筋肉の量が多ければ多いほどたくさんのグリコーゲンを必要とします。

排気量が多い大きい車ほどガソリンをよく使いますので、
ヒトの体も筋肉によって決まっているということです。

逆に筋肉量が少ないにも関わらず、たくさん炭水化物(糖質)を摂取してしまうと、
グリコーゲンとして使われなかった余った糖質というものが残り、
これらが皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されてしまいます。

年齢を重ねて中年太りをしてしまうのも基礎代謝と筋肉量が低下しているために起こることなので、
ボディービルダーのようにムキムキになる必要がなくても、ある程度筋肉は必要なんですね。

皮下脂肪はジョギングで落とせるのか?

有酸素運動で脂肪を落とすという話を聞いたことがあるかと思いますが、
有酸素運動だけで痩せれたという話を耳にしたことがないのは僕だけなのでしょうか?

やはり中途半端な有酸素運動よりも、
しっかりと無酸素運動をやれば体がしっかり締まりますし、
皮下脂肪も落ちるのかと思います。

無酸素運動と言いますと、ただダラダラと長距離を走るよりも、
短距離を何本かこなしたり、軽い負荷でもいいので、
腹筋などをするのが効果的なんです。

一年後ぐらいのビジョン計画をもってやってもらえれば、
皮下脂肪が無くなって理想的な体になれますが、

「そこまで待つのか!?」

という話になりますよね。

そこで、脂肪だけ減らせるというサプリメントがあるので、
「それを試してみては?」というのが今回の話になります。

このサプリメントは内臓脂肪も皮下脂肪も関係なく、
脂肪だけを減らすことができます。

「そんなウマイ話があるのか?」

と思うかもしれませんが、このサプリメントは何人かの被験者に試した結果、
明らかに痩せるということがわかっています。

脂肪は食事制限だけで減らせるのか?

脂肪は糖分の摂取量によって増えます。

糖分を止めれば体内の脂肪を使い脂肪を減らすことができますが、
基礎代謝量やアルコールの摂取量によって変わってきます。

まず基礎代謝が落ちると脂肪を減らすことが難しくなります。

年を重ねて炭水化物を止めても太ってしまうのはそういう理由があるからなんですね。

次にアルコールは体内に入ると肝臓によって代謝されますが、
その間、脂肪を代謝することができません。

よく飲み過ぎて太ってしまう方のほとんどは、
本来肝臓が脂肪を代謝する仕組みを最大限に使っていないからなんですね。

しかもアルコールが完全に抜けるまでに2日ぐらいかかってしまうため、
飲み過ぎはもちろんのこと、年齢を重ねると代謝が落ちるので、
結局は太ってしまいます。

もし、食事制限だけで痩せるのであれば、
まずは炭水化物を含めた糖質を抜くこと。

つぎに果糖は今のところ太らないとされていますが、
希少糖も含めて抜くことが理想です。

アルコールは少量ならば健康とされていますが、
所詮はアルコールなので飲まないほうが無難でしょうね。

脂質に関しては制限がないものの、肉類に含まれた飽和脂肪酸は極力さけてくださいね。

パレオ食事療法が最近人気ではありますが、
やはり牛肉には飽和脂肪酸が多すぎてガンを引き起こすと言われています。

少し昔にアメリカではガンになりにくい飽和脂肪酸の量に制限値をもうけていましたが、
その飽和脂肪酸を減らすために牛肉をアンモニア水で洗い流すという「ピンクスライム」というものまで作り出しました。

ピンクスライムはすでに食品とは呼べるのかがわかりませんが、
過去にはこの肉でハンバーガーを作ったという話もあります。

それぐらい飽和脂肪酸が体に良いのかどうかがよくわからないにも関わらず、
「牛肉をたくさん食べよう」という話は少し注意したほうがいいのかもしれません。

そこで、食事制限で痩せるのなら、
魚、ナッツ類、野菜類、キノコ類がもっともよく、
最低限の糖質補給で果実となります。

チーズで健康という話はそこそこ多いですが、
やはり飽和脂肪酸が多く含まれているので極力避けた方が無難でしょう。

トリグリセリドが高値なったら?

トリグリセリドが高値になると、
糖尿病、動脈硬化、膵臓炎、脂肪肝などの症状が発症することが考えられます。

とりあえず医師から何かしらの薬が処方されることがあるかと思いますが、
食事で改善する方法とかけあわせることで改善が早くなります。

とくに炭水化物は極力減らしてくださいね。

砂糖などを含んだ食事も極力やめることも重要です。

また、お茶や納豆にはビタミンKが含まれていますので、
極度に血液の動きが鈍い場合は食べない方がいいかもしれません。

やはりネギやタマネギで調整した方がいいでしょう。

糖分は体に必要なものですが、糖分を含んだ食べ物を食べ過ぎた結果、
トリグリセリドが高値になり二型糖尿病になりますので、
とにかく基準値になるまで糖分を避けることが大切です。

また、とりあえずトリグリセリドを下げたい場合は、
イワシなどの青魚に含まれているEPAをしっかりとると改善することがあります。

というのも医師から処方される「イサコベント酸エチル」系の薬は、
高純度のEPAが含まれており凝固して動きが鈍くなった血液を改善させる効果があるからです。

ただEPAは体に必要な不飽和脂肪酸なのですが、劣化しやすいという欠点があります。

劣化したEPAは過酸化脂質と言われガンを誘発すると言われており、
たとえ医薬品でも長期保管した場合は低品質のサプリと同等、
それ以下の効果しかないということもあるのだとか。

「イサコベント酸エチル」系のエパデールなどは一般的に販売されてはいませんが、
成分はEPAであり効果はほぼかわらないものを選ぶならこれがおすすめです。

→【厚生労働省推奨】高純度のEPA、DHAカプセルはコチラ

こちらはサプリメントですが、大正製薬と同じくらい有名な製薬会社であり、
高純度のEPAとDHAを保有していながらも長期保管も可能としていますね。

女性と脂肪の関係は?

世の中に「脂肪が欲しい」と思っているヒトは少ないのかと思いますが、
脂肪は飢餓の状態に陥っても生きていけるための備蓄なので、
とにかく体は溜め込もうとします。

とくに女性の場合、男性と違い食が細いにも関わらず、
基礎代謝が低く脂肪がたまりやすい構造になっています。

男性も年齢を重ねると基礎代謝が落ちるので、太りやすくなってしまいますが、
どうして女性は基礎代謝が低く脂肪がたまりやすいのかをまとめてみました。

脂肪が貯まるのは子宮を守るため!

男性と違い、女性の場合は洋ナシ型の肥満になりやすい特徴があります。

下半身だけなぜ太るのかといいますと、
子宮で育つ胎児を守るためのクッションとしての役割や、
出産のエネルギー源であるため、ある程度ついていないと難産になりやすいとも言われています。

また、下半身の脂肪のほとんどは皮下脂肪であるため、
痩せにくい特徴があるものの冷え性防止、
合併症が発症しにくいことがあるというメリットもあるようです。

皮下脂肪は落とせないのか?

糖質制限をしてすぐ結果がでやすいのが男性で、
やはり内臓脂肪だからすぐ落ちるということや、
基礎代謝が高めなのがあげられます。

ところが女性になると皮下脂肪が多いことや、
基礎代謝が低いことから相当頑張らないと痩せられないということがあるんですね。

最近、糖を吸収しないサプリがドラッグストアに陳列されているものの、
効果があまりないことや、パレオ食やローカーボダイエットで痩せられないのは、
皮下脂肪がいつまでも残っているからなんですね。

脂肪だけ落とすサプリがある?

去年の春ぐらいだと思いますが、
ある食材に含まれている特別のイソフラボンだけが脂肪を減らす効果があることが分かり商品化されています。

→お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品のホームページはこちら

痩せるサプリは今までにたくさんあったと思いますが、
このサプリの場合、消費者庁の特別健康食品に認定されているため、
国も科学的な根拠にもとづいているという話に至っています。