10年以上悩んで解決したアレルギー対策サプリ!花粉症にも。

「あっ、もうこんな時期か・・・。」

街を歩くとクシャミをしたり、マスクをする人達が増えるようになると、
自分にもあんな時期があったんだなぁっと思うことがあります。

ぼくは幼いころから花粉症を患っており、
2~5月になるとクシャミ、鼻水、目のかゆみが止まらず、
いつも悩んでは耳鼻咽喉科で薬を処方してもらっていましたが、
先生に教えてもらった方法を試したところ簡単に花粉症にならなくなってしまいました。

鼻は関係ない。

ぼくたちの鼻は、寒かったり熱い食べ物を食べたりすると、
鼻水が止まらないことがあります。

鼻水は保湿、保温の役目をしており、
あるときには鼻の粘膜に付着したゴミを追い出すために
あるときにはクシャミや鼻水で追い出そうとします。

この状態は一見すると、

「病気なのか?」

と思ってしまうこともありますが鼻が勝手にやっている生理現象であり、
半分正解ではあるが、そこまで重大な病気というわけでもないんですね。

クシャミや鼻水の原因は免疫細胞だった?

とはいえ、クシャミや鼻水をなんとかしたい。

この状態になる時は、免疫細胞のバランスが崩れていることにあります。

ぼくたちの体にはヘルパーT細胞という抗体を作る細胞がありまして、
この細胞にはT1とT2という2種類の細胞がそれぞれ病原菌やウィルス担当、
その他担当(花粉やたんぱく質)に別れて抗体を作っています。

ところがヘルパーT細胞たちが体内で存在できる数は決まっており、
その他担当(花粉やたんぱく質)であるT2細胞が増えると、
病原菌やウィルス担当のT1細胞が数を減らしてしまうということがあります。

多くのアレルギー系はT2細胞が増えてT1細胞が減ることで発症することであり、
花粉症はもちろん、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなってしまうのだと言われています。

免疫バランスを元に戻すには?

免疫バランスを元に戻すにはT1細胞とT2細胞の量を調整するという方法があります。

じつはT1細胞とT2細胞の量は、食べ物に影響しており、
乳酸菌の種類にはT1細胞を活性化させてT2細胞を抑制させる効果がある菌が存在すると言われています。

「本来こういうことは教えないけど、健さんの花粉症はひどすぎるから特別に教えるよ。」

そう言って教えてくれたのがこのサプリメントでした。

→10年以上悩んで解決したアレルギー対策サプリメントはコレ!!

「後、食べ物には気をつけてね。」

「肉や魚、野菜などをバランス良く食べて、砂糖や糖分が入った加工食品はなるべく避けること、
抗生物質などの薬品はなるべく避けたほうがいいよ。」

先生になんでこんなことを教えてくれたのかを聞くと、
サプリメントでは保険適用外になるため処方ができないのだとのこと。

「その代わり、自己責任でお願いね。」と付け加えました。

その後、ぼくがこのサプリを試したところ、
一週間ぐらいでクシャミや鼻水が無くなってしまいました。

たまたま改善できたのか?と思っていましたが、
天気予報を見ていても明らかに花粉が多く、
周りの人達はマスクをしながら片手にティッシュを持っていたり、
ある人はタンを吐いたりしていたので、

「ああ、乳酸菌サプリで治るモノなんだな。」

とはじめて理解しました。

世の中には大げさな広告を掲載して、効果がないものもたくさんあります。
どんなに言われたとおりやっても、改善できない方法もあります。

もしかしたらもっと安くて良い物もあるのかもしれませんが、
毎年必ず耳鼻咽喉科に行かなくていいのが良かったと思っています。